そもそも経営計画って重要?

ここに飛行機のイラストがあります
飛行機の向かう方角を、事業の目標 飛行機の燃料を、資金  で例えると、向かう方角(事業の目標)が定まらないまま飛び続ける飛行機は燃料(資金)切れを起こし、墜落してしまうかもしれません


経営計画とは、
会社(飛行機)が進むべき方向 / 目的地までの距離 / 必要な要素(燃料)などを、
言葉や数字にして具体化させたフライトプランのようなものです

どこへ、どのように飛んで行きたいか
実現したい夢や想いの優先順位付け
どこをめざし、何を大事にしたいか
方向性をはっきりさせる
その目的地には、いつ頃到着したいか
実現に向けての具体的な計画考案

上記のように、想いの詰まったプランニングと、目的地に向けたベストだと想うルート選び
実際に飛行するための具体的なプランを持つことが、経営計画において、非常に大切です

あなたの操縦する飛行機には、従業員やその家族、大切な取引先の方々が搭乗しています。もしフライトプランがないと知った時どう思うでしょうか。これまで無事に飛べているから、きっとこの先も大丈夫と説明しますか

経営計画は作成する中で、将来像が徐々に明確になります。ですので、道のりが苦しくても、安心出来る指標が出来ますし、目標を一つ達成できたときの喜び・満足度はより大きくなり、次の目標への原動力にもなります

でも、経営計画(フライトプラン)の組み立ては難しいのでは?

経営計画(フライトプラン)と言っても難しく考える必要はありません
経営者(パイロット)の方々の想いの実現に向けた具体的な方法を、文章や数字で表現したものに過ぎないからです

始めから長期的で詳細なプランを立てるのは大変ですが、目指す方向(目的地)を意識しつつ、まずは短・中期的なプランの大枠を作成します

実際に、プランに沿って進みながら
さらに先の目的地やプランの詳細を考えていくと取組みやすいでしょう

経営の方向性を確認しつつ、まずは今期のプラン次は3年と、少しずつ長い目線でプランを考えれば、経営者の方々の夢や目標とする景色が、より明確になります

実際にプランに沿って進んでいくと、
雨雲などに直面し、思うように飛べなかったり、当初とは別の目的地が見つかるかもしれません

しかしプランがあるからこそ、目的地に対しての進捗やリスクが把握できますし、別の目的地が見つけた場合には、新たにベストだと想うルートを選び直せばいいのです

当事務所では、経営者の方々とコミュニケーションをとりながら、最適な  経営計画(フライトプラン)策定  のご支援を致します


ご相談・お問合わせはこちらから

お電話でのお問合わせ
090-1704-1103
※お電話はより繋がりやすい、上記番号までお問合わせください
※お電話でのお問合わせは 9:00~18:00 まで受け付けています
※上記番号で繋がらない場合 03-5835-2336 までお問合わせください

メールでのお問合わせは、24時間受付中です
営業時間中に留守番電話になった場合は、お名前とご用件をお伝えください
折り返しご連絡致します

お問合わせ・ご相談はこちら

ご相談・お問合わせ
 
 

 
 
090-1704-1103
 
 
お電話はより繋がりやすい
 
上記番号までお問合わせください
 
 
メールでのお問合わせ
 
 
メールでのお問合わせは
 
24時間受付中です
 
営業時間中に留守番電話になる場合
 
お名前とご用件を
 
お伝えください
 
折り返しご連絡致します

メルマガ配信中
 
 

 
 
購読者限定の情報を配信しております
 
 


 
 
 

 
 
 


 
 
 


 
 
 

最近の記事